理想の新居を構えよう│工務店に注文住宅を依頼

どこに住みたいかが第一歩

内観

自分の価値観を大切に

社宅や賃貸マンションで生活していると、子供が成長するにしたがって荷物も増え、手狭になってくるものです。そんなときには、部屋数や収納スペースが十分にある一戸建てへの引越しを考え始めることになります。大阪で一戸建てを探すとき、まずは現在の仕事、学校などへの通勤通学を考慮して場所を選択し、その中で物件を探していくことになりますが、このときには自分が本当はどこに住みたいか、を十分に検討することが重要です。目先の便利さや価格にばかり気をとられてしまうと、満足のいく一戸建てを手に入れそびれることになりかねません。人生は80年の時代に突入しており、仕事をリタイアしてからの生活を考慮に入れて考える必要があり、仕事を辞めてからも大阪の中心部にいる必要があるかを考えておくことです。大阪中心部は土地価格が高く、その分一戸建ての価格も高くなりがちで、大阪の郊外と比較するとプラス1000万円から2000万円の上乗せをすることになります。老後に趣味程度に野菜作りをしたいと思っている場合や、石のかまどを設置してパンやピザを焼きたい、などという願望を持っているのであれば、土地が十分に確保できる郊外にしたほうが価格も安いものです。大阪中心部であると、駐車場を確保することが困難な場所も少なくなく、年を取って少し離れた駐車場を借りることは避けたいことの一つと言えます。生活スタイルを見直し、優先順位を決めて便利さを確保しながら、検討することが重要です。